たぬやすのジャグラーで小遣い稼ぎ

スロット(ジャグラー)の稼働日記とジャグラーで勝つ為の考え方などを載せています。

【雑記】ジャグで勝ち抜く為に必要なもの③

この記事ではごく当たり前の内容が多いので、興味のある方のみご覧いただければと思います。また、個人の経験に基づく見解ですので悪しからず(。-_-。)



ジャグで勝ち抜く為に必要なもの


③【経験】


自分はスロ歴12年ほどで、その間大きなブランクなく稼働しています(もちろん多い少ないはありますが)。ジャグラーはスロを始めてすぐに打ち出したので、ジャグ歴もほぼ同じくらいです。


ただここで言う【経験】とはジャグラーを今まで何年間打っている、何百万ゲーム回しているということではありません。


「長いスパンで収支がプラスになる経験(例えば1年間通しての)」という意味です。1年と言っても回したゲーム数が10万回転にも満たない程度ではあまり意味がありません。個人的には50万回転程度は必要かなと思います。


年間50万回転というと1週間で1万回転くらいの稼働量です。いまいちピンとこないかもしれませんが一般的なサラリーマンの方では1年間で回すのはキツイかもしれません。


1年でなくとも2年かかってもいいですが、とりあえずこれくらいの回転数を回してなおかつ収支がプラスになる経験を積むということです。



これは簡単なことではありません。短いスパンでは引きの要素が大きく、引きが良かっただけで収支がプラスになることも多々あります。しかし、50万回転回した上で収支をプラスにすることは経験上かなり難しいです。間違いなく適当な打ち方では厳しいです。もちろん何万人に1人の引き強の人であれば可能かもしれませんが…。



ただ、一時的に収支がプラスであったとしてもそのプラスがその後も続く保証はありません。プラスに持っていく根拠のある立ち回りを常に心がけて実践していなければ、急に大きく負け越した時に武器になるものがありません。



また、長いスパンであればその間の収支が立ち回りの良し悪しを決める最も重要な指標になります。その間の立ち回り方が収支に直に現れるので、特に負けている人は収支をつけることを途中で諦めがちです。



収支がマイナスであれば立ち回りを見直す必要がありますし、満足の行くプラス収支であればその立ち回りを継続していくことが大切です。


長いスパンでプラス収支を達成するという経験はその後も自信となり、多少引きが弱く厳しい稼働が続いても立ち回りをブレさせず打ち続けることができます。


その経験がないと自分で選んだ台にも自信が持てず、少し回してダメなら次の台へとカニ歩く立ち回りとなってしまいます。


1年、3年、5年…とプラス収支を積み重ねていけば行くほど強力な武器、立ち回りを支える土台となっていきます。



極論、ジャグラーは勝つ人は継続的に勝ち続けますし、負ける人は継続的に負け続けることになります。もちろん自己の立ち回り以外にもスロの法規制やホールの設定状況の変化にも臨機応変に対応する必要がありますが…。


ネットが発達したことにより、ジャグラーで勝つ為の表面的な情報は誰でも簡単に手に入れることができるようになりました。しかし、なんだんだ言っても自分が苦労して得た経験に勝るものはないと思います(これはジャグラーに限りませんが)。まぁジャグラーで得た経験って…という話ですが(^◇^;)


たかがジャグラー、されどジャグラーといったところでしょうか?( ´ ▽ ` )ノ



次回はジャグで勝ち抜く為に必要なもの④【忍耐力とメンタル管理】について記事にする予定です。興味のある方は是非(^ω^)



稼働日記も随時記事にしていきます( ´ ▽ ` )ノ



では今回はこの辺で(^ー^)ノ



PVアクセスランキング にほんブログ村


ポチッとしていただけると嬉しいです(^ー゜)

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村