たぬやすのジャグラーで小遣い稼ぎ

スロット(ジャグラー)の稼働日記とジャグラーで勝つ為の考え方などを載せています。

【雑記】ジャグラーは初心者向け?

自分が初めてスロを打ったのは確か専門学校に入ってすぐの頃でした。打ったのは「主役は銭形」だったと思います。吉宗や旧北斗が大人気だった時期だったと思います。



ジャグラーも当然その頃からあって、当時はジャグラーガール、ゴーゴージャグラーとかがメインだった気がします。うる覚えですが…。スロをよくわかっていなかった自分もGOGOランプが光れば当たりというシンプルさからちょくちょく打っていました。7図柄の目押しさえできず、ぺかると店員を呼んでいましたが(^◇^;)当時は店員の目押しサービスがあったので。



自分もそうでしたが、スロの導入としてジャグラーを打ったという人はかなり多いと思います。実際自分も暫くはシンプルなゲーム性から手軽に打つことができ、初心者向けの台なのかなぁ〜と思っていました。



ただゲーム性が簡単なことと勝つことは全くイコールではなく、収支はつけていませんでしたが、まず間違いなく負けていました。いわゆる養分ですね(^◇^;)お金もなかったので、ちょい勝ちとちょい負けを繰り返す感じでした。



その後時代は移り変わり…

スロは4号機から5号機になりましたが、ジャグラーのゲーム性はほとんど変わることなくホールのメイン機種として稼働していました。また、相変わらずGOGOランプには中毒性があり、自分も打ち続けていました。



その後も相変わらず負けていましたが、スロを打ち出して5年ほど経った頃、色々と立ち回りや店選びを見直すようになり、収支も負けない程度にはなりました。しかし、プラマイ0あたりに大きな壁があり、そこから大きく収支を上げることができない時期が続きました。


その後、前の記事でも触れましたが結婚を機に収支もつけ始め、試行錯誤の結果、現在のお小遣い程度の収支を上げられるようになりました。



話は長くなりましたが、これまでの自分の経験から言ってジャグラーは打つだけなら初心者向けと言えますが、長いスパンで勝っていくことを目的とすると初心者向けどころかかなり玄人向けだと感じています。



稼ぐ為の時間効率であるとか良し悪しは別にして、ジャグラーでプラス収支を上げ続けていくことは他の機種と比較しても難易度が高い部類だと思います。



じゃあジャグラーやめればって話ですが、やっぱり個人的に好きなのでやめられません(^ω^)




今後、稼働日記に加えて時間のある時には今までの経験から得た自身のジャグラー論などを記事にしていきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ



では今回はこの辺で(^ー^)ノ



PVアクセスランキング にほんブログ村


ポチッとしていただけると嬉しいです(^ー゜)

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村